スペイン語おすすめ参考書とやり方

中国語勉強
この記事は約4分で読めます。

こんにちは@YukiHiroi です!
今日は僕のスペイン語学習で見つけた参考書とその方法をご紹介します。

まず、参考書に求めるものは3つ。
1・網羅的な文法の説明(シンプルな方がいい。)
2・各文法ごとの例文(多ければ多いほど良い)
3・CD付属(例文を読む音源)
※文法の問題などはやらない。

今回使用した参考書は『新版 スペイン語の入門《CD付》』という本です。

これは文法の軽い説明の後に、和文西訳と西文和訳の問題が5問ずつあります。それを、ゴリゴリ手で訳していくのではなく、解答をみながら文を見ます。

その後付属のCDでシャドーイング。たったこれだけです。

単語も文法も例文の中で覚えるというのが僕の方法です。軽い文法の説明の後に大量の例文に触れる。生きた形で文法や単語に触れることが重要だと思います。

この参考書のデメリットとしては、例文が難しいということです。例文中に知らない単語や文法がいくつも出てきました。

まず、自身の進歩具合を見てみましょう。参考書を1周するかしないかの時に趣味でビデオを撮りました。

【Japonés】Es mi primer video hablando español / Japonés habla español

カメラの前で話してみて、言いたいことは流暢には言えませんでした。参考書で見た文法もスッと頭に浮かんできたわけでもありません。しかし、簡単な表現はなんとかできるようです。

参考書を1周終えて、軽く2周目も終えた時に撮ったのはこちらです。

【Japonés habla español】¿Alguna vez has visto "Gente Maravillosa"?

1回目と比べれば上達は見られますが、思ったよりといった感じでした。単語数や慣れも必要でしょうね。また、脳は見たもの聞いたものを貯めておいて、処理するそうで、勉強したことを脳に処理してもらうため、時間も必要だそうです。

自分の脳を信じて気長に勉強するのがいいのですね!

ではここで、単語について。
驚いたことにスペイン語の単語帳は種類が少ないです。僕が今回選んだのは『CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳』

単語帳に求める条件は以下の2つ。
1・CD付属(単語と例文を読む音源がベスト)
2・単語ごとに例文がある。

この条件に合うものを探したところ上記の一冊だけでした。

この単語帳のデメリットは、片仮名で発音表記があること。CDでシャドーイングする時に、どうしても先に片仮名に目がいってしまい、困りました。

詳しい使い方はこちらをご覧ください

その他、『しっかり身につくスペイン語トレーニングブック(CD BOOK) 』も使っています。

文法穴埋め問題もあるので、それは解答を書き込んで、例文として見ています。

詳しい使い方はこちら↓

更に、学習が進んだら『中級スペイン文法』で多くの例文に触れたいと考えています。

僕自身まだ勉強の途中ですが、新たな発見があり次第、ブログでもご紹介していきます!よろしくお願いします!

翻訳機で訳して、それを覚えるのもありかもしれません。
人気なのは「ポケトーク」でしょう。



スペイン語を「使える形」で身につけたい方は、ネイティブが在籍するスクールで訓練するのもアリですね!
ネイティブから習うメリットは、発音を矯正してもらえることと、リスニング、会話力など全体的にバランス良くレベルUPできることですね。

スペイン語を習えるスクールは多くないですが、英会話で有名な「ベルリッツ」ではスペイン語コースも有り、評判がいいです。まずは、ベルリッツHPをチェックしてみて下さい。

ベルリッツ

YouTubeでもスペイン語の勉強法を紹介しているので合わせてご覧下さい!

僕のスペイン語勉強法!おすすめ参考書、単語帳はこれ!+ちょこっとドイツ語

コメント

タイトルとURLをコピーしました