カテゴリー
日本語

HSK9級まで増える?真偽の程は謎:以下解説

こんにちはYukiです!

HSKは9級までアップデートされるのでしょうか?不安な方はいませんか?
どんな問題になるのか予想して、その対策を示しました!
これでHSK対策は完璧!

動画で見たい方はこちら↓


最近中国のネットで囁かれていることの一つに
「HSKが9級まで増える!」というのがあります。

その一部をご紹介します。

与HSK的考试要求相比,不仅增加了音节、汉字的项目要求,而且对词汇量,特别是高等7-9级的词汇要求有较大提高;三是借鉴广受认同的语言学习理论,特别是巴赫曼等的交际语言能力模型,结合汉语特点,对各等、级,采用语言量化指标、言语交际能力和话题任务内容3个语言水平维度和听、说、读、写、译5个技能维度,即“3+5”的新路径对学习者的汉语水平进行全方位、立体系统地描述。

ようやくしますと、
【級が上がるにつれて、必要語彙数や習得漢字数の要求が増える。今までは「聴解・読解・作文」の3つだったのに加え、新たに「スピーキング・翻訳」の2つが加わり5つの方面から立体的に中国語能力を判断する。】

ということのようです。語彙数や習得漢字数が増えるのは当たり前ですよね…

今まではHSK6級が最高級でしたから、7〜9まで3級分増えるということですね。

これは5月半ばにネットに出始めたものです。しかし、第一次情報がどこなのか不明なのです。

HSKのHPには出るだろうと待っていたのですが、1月半以上経った今(2020年8月3日現在)でも何も出ていません。

HSKのHP(中国版)
HSKのHP(日本版)

日本版と中国版の公式HPでも何も触れていません。

よって、この情報を鵜呑みにしてはいけない。と結論づけておきます。

★9級までアップデートした場合の対策法

では、仮に9級までアップデートした場合を考えてみましょう。

9級までアップデートする可能性も十分あるでしょう。現在6級を保有している人も受験するでしょうし、9級までとなれば1人が受験する回数も多くなるわけで、その分受験費用での国や機関の儲けが増えますからね。

では、出題形式を予想して、対策を練ってみましょう。

スピーキング試験の形式予想


①与えられた文章(ピンインなし)を読み上げる
②パソコン画面の文章を黙読し、それに対する意見を述べる
(TOEFLのスピーキング試験のような形式)

対策

①では発音やリズムのとり方も重視されるでしょう。よって、普段からCDを聞きながらそれを真似るシャドーイングをして、リズム感をつかむ必要があります。

単語を覚える時に、そのピンインも覚える必要もあります。

②でパソコンを使ったものと予想しました。受験者数も多いため、面接官をおくことは困難という予想からです。

しかし、英語のIELTSでは面接官がいますから、こちらでも面接官による試験になることの可能性もあります。

僕が中国でHSKを受験した時、受験者数は3人でしたから、それでも面接官をおくのか疑問です。そして、判断などが客観的にそして正確に行われるのか…
試験時のことは、こちらに書きました!是非読んでくださいね

では、パソコンで行われるとします。その場合、スピーキングの模試や予想問題集などの模範解答を暗記してしまうのが良いでしょう。

すらすら自分の意見が言えるには「話し慣れ」が必要ですが、それを独学で習得するのは困難ですよね。
もしくは、短期で会話練習をやってくれるスクールでネット授業やスクールで受講すると短期攻略できる可能性もありますね。

ちなみに、こちらのスクールはオンラインコースもあります。



面接官の試験があった場合も、実践を積んでおけば緊張も最小限で済みますね。

翻訳試験の形式予想

①絵や映像を見て、それを中国語で状況説明する
②中国語の文章を読んで、それを平易な中国語で書き換える

対策

「翻訳」と聞くと、外国語を中国語に訳すと思いますが、公平性を考えるとその出題は困難だと判断しました。また、受験者が母国で受験するとは限らないですからね。

受験者の母国語を用意するにしてもかなりのコストがかかりますね。
よって、外国語を介さない形式になるでしょう。

①では絵や映像を中国語で説明するというものを予想しました。これは作文能力ですね。

ちなみにHSK6級の作文は文章を読んでそれを要約するという形式です。詳しくはこちら

対策としては、「書いて添削」を何度かやるか「捨てる」が良いでしょう。勉強時間と得点UP率のコスパも考慮したいですね。
上記の要約作文対策の要領です。ご参考ください

②では何度の高めの文章を平易な中国語で書き換えるというものですね。
まず、与えられた文章が読めなければなりません。従来のHSKの読解対策が有効でしょう。

上記で、コスパの関係から「捨てる」選択肢をあげましたが、従来の「要約作文」にこの「翻訳」が加わるとなれば、配点も高くなります。

よって、完全に捨てるのはリスキーですね。中国語を書く練習は少しはやらなくてはなりませんね。

以上は予想です。正式な情報が出ましたらご紹介しますね。
従来のHSK対策は以下をご参考ください!

電子書籍の完全保存版はこちら

HSK対策を動画で見たい方は以下を御覧ください!

ありがとうございました!

作成者: yuki-sh

こんにちはYukiです。勉強法や海外情報を中心に発信します。

Terima kasih membaca ya semuanya!

Visit my YouTube too!
https://www.youtube.com/channel/UCKIt6gdbyNtCrcwOFHakRew

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です