カテゴリー
語学勉強法

【傾向と対策】新HSK6級:文法/語彙/読解

「新HSK6級にチャレンジしたいけど、どこから手を付けていいかわからない。どのように対策すればいいのか…?それぞれ同じ比重で勉強するべきなのか…?合格者はどのように対策したか、また、ネイティブだったらどのように解くか。」

こういった疑問に答えます。

ここでは新HSK6級の文法/語彙/読解分野の傾向と対策をご紹介します。また新HSK6級の概要についてはこちらに詳細がございます。【独学法】新HSK6級に合格する方法

僕の結果も載せておきます。読解は86点でした。第1問でのミスが大半を占めてるのでしょう。第3−4問はノーミスのはずです。第1問があるから満点は僕には無理です…

さて、文法/語彙/読解は100点満点です。新HSK6級(リスニング・読解・要約作文)はそれぞれ100点で300点満点。合格は180点以上ですから、文法/語彙/読解で高得点を叩き出せれば他が半分以下でも合格できるということです。

まず新HSK6級の読解は以下の4パートに分かれています。

  • 第1問:文法
  • 第2問:語彙
  • 第3問:短文語句整理
  • 第4問:長文読解

時間と労力のコスパを重視して、第3−4問に力を入れて、第1−2問は過去問演習のみ。という対策を提案します。過去問演習での復習を徹底するなど、完全ノー対策ではありませんので注意。復習法など以下で紹介していきますので、どうぞご参考にして下さいね。

これは「対策しなくてよい」と考えます。というのも、僕の妻(中国人)や中国人の友達がやってみても半分とか6割くらいしか正答できなかったのと、正答のものに関しても根拠があってそれを選んだのではなく、「なんとなく」そう思ったからとのことでした。ネイティブでも半分とかですから、これは対策してもコスパがものすごく悪いでしょう。

解説を読んで、そっかと思うものもあれば、納得がいかないものもあったようです。その友達はこんな問題は屁理屈だなんて言っていました。

僕もここの得点率が悪いので別途対策本を買いましたが、結局手をつけませんでした。

必須は「過去問演習+余裕があれば模試問題集」です。形式には慣れる必要はあります。

第2問は語彙の問題です。空欄に入る組み合わせを選ぶというもの。これも手強いですね。

組み合わせを選ぶわけですが、例えば「1つ目の空欄にA〜Dまで全てOK、その後の空欄でBがダメ、3つ目でCがダメ、よって答えはD。」なんていうこともあります。

よって、これは消去法でいくべきですね。

これもネイティブにやってもらった結果、いくつかのミスがありました。

さて、対策ですが、こちらも「しなくてもいい」でしょう。単語を覚えるのもいいかもしれませんが、時間との相談ですね。こちらも必須は「過去問演習+余裕があれば模試問題集」です。形式には慣れる必要はあります。

続いて第3問ですね。これは文章の空欄に入る短文を選ぶというもので、全2問です。

こちらは「対策すべき」です。読解系はたくさんやっておいた方がいいでしょう。これも、慣れれば読むスピードも上がりますからね。

ネイティブがやった結果、全問正解しましたが、初めてやった時は時間がかかりました。上の空欄から順番ではなく、わかるものから選択し、最後に帳尻を合わせるという感じで解いていました。空欄にいくつも入りそうな選択肢もあります。

僕がやった時、スムーズにできて、何も迷わなかったにも関わらず間違えてたなんてこともありました。

最後は第4問こちらは長文読解です。長文とも言えないかもしれませんね。全部で5つあります。

これも「対策すべき」です。上記第3問と同様、読解系は場数を踏んでおいた方がいいでしょう。

ここでもポイントがあって、設問1は段落の最初の方、設問2はその次の段落…と順番に並んでいます。

僕のやり方は、

  • ①設問を見る(選択肢は読まない)
  • ②本文読む→設問1の答えがありそう→設問1を回答
  • ③次の段落を読む→設問2がありそう→設問2を回答

これの繰り返しです。順番通りにやると内容を忘れることもなくスムーズに進みます。制限時間も余裕があるわけではないですから、できるだけ時間のロスを減らしましょう。

ネイティブにはこれらは簡単なようです。満点でした。※問題はここからダウンロードすることもできます。

以下、問題演習後の復習方法について紹介します。

第1ー2問:解き終わったら、設問中の単語を暗記。意味がとれなかったものは、わかるようになるまで繰り返しチェックしましょう。できた問題も含めて過去問を2−3周します。別途対策はしませんが、過去問だけは完璧にします。

第3−4問:これは量をこなしたいですね。時間に余裕がある人は中国語の本を読み通ししたものですね。語学を全体的にUPさせるにはやはり読解力にかかっていると思います。人感の許す限り、中国語の文章に触れるようにしましょう。また多くの問題に触れて形式に慣れる必要もあります。僕は過去問+模擬試験問題集を1冊ずつやりました。

以上が【傾向と対策】新HSK6級:文法/語彙/読解となります。

他の分野の記事はこちら:

ここにYouTubeで勉強法を紹介したものがありますので、合わせてご覧下さい。

おすすめ:【独学】新HSK6級に合格する方法:完全保存版 こちらに勉強法の全てが詰まっています。

試験会場でのこと:ぼくがHSKを受けた時の試験会場でのことが結構おもしろい

ちなみに僕が使った模擬試験問題集はこれです。


過去問は同じものは売っていないようですがどの過去問でも同じです。

単語帳は以下のような網羅的なものがいいですね。HSK5級の単語も復習しておきましょう。

語彙力に自信がない方は以下の単語帳でHSK1〜4級までの単語を総復習するのもアリです。

翻訳機で訳して、それを覚えるのもありかもしれません。
人気なのは「ポケトーク」でしょう。



中国語の発音などはマンツーマンレッスンを受けるのもいいですね。HSKのコースも有るようです。



こちらもHSKコースありで、月額がリーゾナブルですね!


作成者: yuki-sh

こんにちはYukiです。勉強法や海外情報を中心に発信します。

Terima kasih membaca ya semuanya!

Visit my YouTube too!
https://www.youtube.com/channel/UCKIt6gdbyNtCrcwOFHakRew

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です