カテゴリー
語学勉強法

北海道大学入試〈中国語〉傾向と対策

こんにちは@YukiHiroiです。今日は北海道大学の中国語入試問題について解説します。

過去問の内容は著作権の問題から掲載できないのですが、問題と設問の傾向を紹介し、その対策法を探っていきたいと思います。

まず、過去問の入手先を掲載しておきますね。以下のメールより、中国語過去問を送って欲しいとメールを送るだけです。

北海道大学学務部入試課試験実施担当:
ent-exam@jimu.hokudai.ac.jp

北海道大学のHPはこちら

上のように返信をいただきました。そして、上記の通りに大学へ郵送するば、過去問を送っていただけます。

さて、問題の概要ですが、分量も多く、大問4問中、3問が長文です。第4問目が中国語並び替えや日→中翻訳の問題です。

もう少し詳しく見ていきましょう。
第1〜第3問は長文で合わせてB5用紙3〜4ページ分あります。
設問は、
・文章中の空欄に入る語彙の選択(四字熟語を選ぶものもある)
・下線部の日本語訳す
・ピンイン→漢字(簡体字)
・漢字(簡体字)→ピンイン
・与えられた日本語文の通りに中国語語彙の並び替え文の完成
・本文段落中の指定単語の説明(日本語で80字程度)
・本文の内容要約(日本語で200字程度)

以上のような問題が頻出のようです。
(参考H29ーH31年度の3年分の過去問)

解答時間は90分(12:30-14:00)

第4問は文法問題&日→中訳の問題です。
・文法問題は与えられた日本語文の意味に合うように中国語語彙を並び替えるという問題(3つくらい)

・中国語の文と日本語の文があり、中国語の文の誤りを直して正しい文を完成させる問題(2つくらい。誤りは語彙の誤用や欠如といったもの。文全体ではない。)

例:我想你 (好きだよ。)

正解:我喜欢你 
というように想→喜欢 に書き換えて、文を書けばいいのです。

・最後は日→中訳(5つくらい。)

以上が出題傾向になります。

さて、難易度及び対策を見ていきましょう。

全体的な難易度は中国語検定3〜2級とみて良いでしょう。センター試験が中検4〜3級程度だと考えられることから、センターより難しいことがわかります。

北大の中国語で最重要なのは、「読み慣れ」です。大量に文章に触れる必要があります。多読ですね。

設問に内容を問う選択問題はない代わりに、文の概要要約問題があります。これは文章全体の内容を把握していないと得点できませんね。「短時間でザッと目を通し、内容を把握しなさい」という大学側の要求でしょうね。

和訳問題や並び替え問題などでも馴染みのない単語が見受けられます。これも「文からこの語彙の品詞や意味を推測すれば配置や訳もできるよね」という大学の意向から敢てそのような語彙を設問に使っているとも思われます。

知らない単語は、日本語の本を読んでいてもあるものですよね。だからそれでパニックになってはいけないのです。そのような学生は大学が欲していないのです。わからないのがあって、当たり前。文全体で矛盾しないようにでっちあげるのです。

さて、では具体的に何を使うか?

ー問題の傾向は中国語検定と似ています。よって、対策は中国語検定の過去問を使うのが良いでしょう。

中検3級 大問2〜5
中検2級 大問1、3〜5

さらに負荷をかけたいのなら中検準1級 大問1,4 で練習してもいいでしょう。

翻訳機で訳して、それを覚えるのもありかもしれません。
人気なのは「ポケトーク」でしょう。



中国語の発音などはマンツーマンレッスンを受けるのもいいですね。HSKのコースも有るようです。



こちらもHSKコースありで、月額がリーゾナブルですね!


センター試験同様リスニングはありません。過去問や以下のような練習問題集で該当範囲のみをやると良いでしょう。

一番重要なのは、中国語の文章に慣れることです。ネットで中国語の文章にあたってもいいですし、書籍や雑誌を購入するのも良いでしょう。

その際、読むのは簡体字がいいですね。北大は全て簡体字での回答を要求しています。

単語も文法も、大量の例文に触れることが重要だと思います。
以下、YouTube版も載せておきますね!

動画やブログのリクエストなどあればコメントください!
ありがとうございました!

作成者: yuki-sh

こんにちはYukiです。勉強法や海外情報を中心に発信します。

Terima kasih membaca ya semuanya!

Visit my YouTube too!
https://www.youtube.com/channel/UCKIt6gdbyNtCrcwOFHakRew

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です