袁隆平

カルチャーハック

「ハイブリット稲の父」袁隆平が死去。袁隆平とはどんな人物なのでしょうか?

袁隆平は中国の農学者で、ハイブリットイネを作り「ハイブリットイネの父」と称される。 1964ー1973年に渡って、ハイブリットイネの研究を始め、その目的は収穫量の増大にあった。1973年〜栽培に着手し、中国を世界最大の米生産国に押し上げた。