中国ライフハック

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

・VPNは種類が多く、どれがいいかわからない。
・中国で利用できるVPNをさがしている。
・動画もスムーズに見られるVPNがいい。
・スイカVPNについて知りたい。
・日本のVPNがつかいたい。

こんな悩みのあるかたにぴったしな内容となっています。

スイカVPNを中国で使用することを想定してくわしく解説してあります。

スイカVPNは中国で使えることを売りにしているので、その点でも頼りになりますね。

ブックマークして何度でも参照できる内容になっていますので、ぜひ最後までおつきあいください。

まずスイカVPNの概要はこんな感じです。

無料期間月額使用可能台数アプリ
スイカVPN2週間1か月:1,097円
3か月:3,144円(月額約1,048円)
6か月:5,932円(月額約988円)
1年:11,258円(月額約938円)
2年:21,094円(月額約878円)
50台対応
価格は税込み

またスイカVPNは消費税がかかりません

海外からのユーザーが多いため免税で提供しているそうです!

1ヶ月ごとの更新もできるので、必要な期間だけ契約することが可能ですね!

日本人をターゲットにしているので、日本人のニーズに合っていて使いやすいと評判!

無料期間中に解約すれば完全無料だよ!
※以下スイカVPNのアフィリエイトリンクを使用しています。

スイカVPNは中国特化型のVPNでしたが、2022年5月からは中国以外の国でも利用可能になりました。

中国でも以下の海外アプリやサイトにアクセス可能です!

スイカVPNは数あるVPNののなかで通信速度がはやい部類にはいるという点でもおすすめです。

スイカVPNでつかえるサイト



ますます進化をとげていますね。

中国での利用に対するサポートも充実!
(春節や国慶節、中秋節など中国の祝日でも年中無休でサポートが受けられます!)

中国在住者おすすめスイカVPN

以下のようなメッセージを送ってくれるところもうれしいですね。

中国在住者おすすめスイカVPN

トラブルに対する「対応マニュアル」も用意されていて安心です。

スイカVPNは日本の会社(株式会社MAJ Tech)が運営する、日本製のVPNです!

10年以上の運営実績があって安心!

公式サイトは中国からVPNなしで接続できます。
(筆者が中国から実証済み)

海外から日本の動画が見られます!

中国から申し込めるので便利ですね!

カフェやホテルから無料Wi-fiをとおして仕事をするひとは、たとえ日本からであってもVPNでセキュリティー強化した方がいいですよ。

いまならキャンペーン中!

スイカVPNは2024年3月12日までキャンペーン中です!

スイカVPNキャンペーン

2つのキャンペーンがあります。

まず1つ目はこちら↓↓

スイカVPNのキャンペーン

詳細は以下のとおり。

スイカVPNキャンペーン

そして2つめはこちら↓↓フェイスブックでシェアすると1ヶ月分プレゼントです!

スイカVPNのキャンペーン

詳細は以下のとおり。

スイカVPNのキャンペーン

このキャンペーンを逃さないようにしましょう!

スイカVPNを選ぶメリット

スイカVPNには以下のような特筆すべきメリットがあります。

・解約がカンタン。
・No-Logポリシー
・消費税がかからない!
・2週間の無料期間がある。
・動画配信サービスにも対応。
・同時接続台数が多い(50台)
・中国での使用を中心としている。
・日本製のVPNで日本語対応はばっちり。
・中国の休日(国慶節や春節など)でも無休でサポートしてくれる。
・5つのプランがある(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年)

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

マイナーなVPNであるため、特定のVPNに対するブロックなどがされないのも魅力です。

大手のVPNだと、アクセスできないようにされたりすることもあります。

2週間無料だよ!

2週間の無料期間がある

スイカVPNには2週間の無料期間があり、この期間内での利用だと完全無料で解約することもできます。

ほかのVPNでは一定期間の返金保証はあっても無料期間がないものも多いため、無料期間があるのは大きなメリットですね。

動画配信サービスも見られる

海外からでも以下の動画配信サービスにアクセスすることができます。

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

ワールドカップも全64試合を無料生中継してくれました!

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

セキュリティー対策もばっちり!

No-Logポリシー対応

No-LogポリシーとはVPN経由で閲覧した情報や内容を保存しないということです。

なので何を閲覧したがバレないので安心ですね。

日本語対応はばっちり

海外製のVPNは英語でのサポートだったり、自動翻訳ということが多いです。

しかしスイカVPNは日本製(株式会社MAJ Techが運営しているVPNサービス)ですから、日本人スタッフによるサポートですべて日本語でできるという利点があります。

利用説明などもすべて日本語なので日本人ユーザーにはうれしいですよね。

またサポートも年中無休です。
(中国の祝日でも無休だと公言しているのも頼もしいですね!)

5つのプランがある(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年)

VPNで5つのプランがあるのはめずらしいです。

多いのは3つのプラン(1ヶ月・1年・2年)ですので、たとえば半年つかいたいとしたら1年契約を途中で解約するか、1ヶ月契約×6回で安い方を選択することになります。

その点スイカVPNなら選択肢が多いので損せずに使えますね。

費用もそれぞれちがうのがいいと言えます。

スイカVPNの費用

プランごとに極端な価格差がないので、目的にあわせて選べるのもいいですね!

余計に長く契約して損することがありません。

5つのプランから選べる!

容量無制限

容量も無制限でつかい放題なので、動画を何本ダウンロードしてもOKです。

自由につかえるってことですね。

データ通信のつかいすぎを気にする必要がないということです!

同時接続50台

50台同時接続できます。

家族でつかえばもっと割安になりますね!

つかえる端末も以下のとおりたくさんあります。

スイカVPNを中国でつかう

ほかにも駐在員同士で共有すればそのぶん値段もかなり安くできます。

10人で共有すれば月額約87円/人。
20人なら約44円…

最大50人までとシェアできます。
(1人約18円未満の計算に!)

サーバー数25カ国

サーバーというのは、VPNをつかってどこの国にいる状態をつくり出すかということ。

たとえば日本のサーバーに接続すれば、日本にいることとおなじ状態になり、日本版のNetflixやYouTube、LINEなどに接続できるということです。

中国はVPNに対する規制を強めているので、サーバーが多いというのは安心な要素の1つなのです。

ネットの自由を手に入れよう!

中国からでも接続スピードがはやい

中国の東北部から接続した実験では、以下のような結果になっています。

まずダウンロードのスピードは以下のとおり。

スイカVPNを中国から使う

ほかのVPNより速いということがわかりますね。

つぎにアップロードは以下の結果に。

スイカVPNを中国から使う

また中国渡航者向けにShadowsocksという方法も用意されています。
(中国国内からVPN接続をする場合、Shadowsocks一択と考えて良いでしょう。)

これで安定して中国でもつかうことができわけですね。

スイカVPNの評判

ユーザーからは以下のような口コミがあります。

・2週間の無料期間がいい!
・中国で問題なく使えてる。
・フィリピンでも使える!

やはり無料期間があるのはユーザーにはうれしいですよね。

お試しでつかってみて、速度に満足できなかったばあい解約すれば無料で済みますからね。

中国特化でスタートしたスイカVPNですから、中国ではもちろん問題なく使えます。

さらに2022年5月からは海外での利用も可能になりました。

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

公式サイトにある接続先に中国がないけど中国で利用できる?」という質問をいただきました。

結論は「できます。

逆に中国に接続してしまうとGoogleなどにアクセスできなくなります。

またサーバーが中国にあると、政府からそのVPNを遮断されてしまうというリスクも大きいそうなので、サーバーは中国にないものを選んだ方がいいでしょう。

Yuki
Yuki

VPNの目的はその国以外のサーバーに接続することだよ!

ココ
ココ

中国でつかうなら、中国以外の国に接続するってことだね。

30日間の無料キャンセル期間があるよ!

公式サイトがものすごく丁寧で見やすいのも日本企業であるがゆえと評判です。

スイカVPNのデメリット

スイカVPNを利用するにあたってデメリットだとおもわれるのは以下の点です。

・長期利用だと値段が割高。
・アプリがアンドロイドしかない。
・支払いがクレジットカードしかない。

解決策

これらをデメリットでおわらせないための考え方をみていきましょう。

長期利用だと値段が割高

短期利用ですとスイカVPNは割安ですが、長期になると他社よりはるかに安いということはなくなります。

比較するとこんな感じです。

無料期間月額使用可能台数アプリ
セカイVPN2ヶ月1,100円3台対応
NordVPN30日間
(返金申請が必要)
1か月契約→1,380円
1年契約 →570円
2年契約 →380円

(※契約期間によって月額も変化)
6台対応
SurfsharkVPN30日間
(返金申請が必要)
1か月契約→1,659円(USD12.95)
1年契約 →519円 (USD3.99)
2年契約 →319円 (USD2.49)
(※契約期間によって月額も変化)
無制限対応
スイカVPN2週間1か月:1,097円
3か月:3,144円(月額約1,048円)
6か月:5,932円(月額約988円)
1年:11,258円(月額約938円)
2年:21,094円(月額約878円)
50台対応

スイカVPNは短期の利用に向いているでしょう。

変な勧誘は一切ありません!

アプリがアンドロイドしかない

アプリがアンドロイドしかないのですが、iPhoneでスイカVPNを利用することはできます。

ただアプリがないというだけです。

アプリがないと困るのは、iPhone上からアカウントをいじったりすることができないということですね。

これも後にアプリは登場するとおもうので心配はいりません。

スイカVPNのアプリ

支払いがクレジットカードしかない

支払い方法がクレカしかないのは不便ですが、クレカであれば選択肢はおおいです。

海外製VPNではJCBが利用不可なものもあります。

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

支払い方法も増えるかもしれませんので、今後に期待しましょう。

こんなひとにおすすめ

スイカVPNは以下の要望にぴったしです。

・短期間の利用。
・中国でVPN利用を考えている。
(中国以外でも利用可)
・日本製のお手頃VPNが使いたい。

無料期間中に解約すれば完全無料だよ!
中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

中国でVPN利用を考えている

中国ではVPN規制が厳しく、接続できないVPNも多いなか、スイカVPNは問題なく接続できます。

サーバーというのを「日本」に設定すれば、日本でつかっていることになりYouTubeなどにもアクセスできるわけです。

中国でなければどこでもOKですね。

申し込み方法

申し込みも3分でできてしまいます。

・公式サイトを訪問(以下のリンクより)
→「新規お申込み」
→メールアドレス入力して認証
→プランを選択(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年)
→支払い方法選択

支払い方法は以下のクレジットカードのロゴがついたものが可能です。

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

さらに以下の情報を選択して完了!

・氏名
・おもに利用する国
・お試し期間終了後の利用プラン
(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年)

ここから登録できます。

登録したメールアドレスに

VPN接続用のユーザーID・パスワード
マイページ接続用のID・パスワード

が送られてきます。

解約方法

解約はさらにカンタンで1分でできてしまいます。

公式サイトに訪問
→「マイページ」
→「ご契約情報」
→継続利用を「OFF」にする

解約申請などはなく、継続利用をOFFにすることで、期日がきたら自動的に退会・解約になります。

公式サイトのQ&Aにもこのように明記されています。

中国での利用に特化した【スイカVPN】の評判とメリット・デメリットを公開!

いま申し込んだ方がいい理由

物価があがっているなか、VPNの値段も変動する可能性があります。

気に入ったばあい、早めに登録しておいた方が安心でしょう。

まずは2週間のお試し期間で動作をチェックしてみよう!
※2週間以内に解約すれば完全無料でご利用いただけます。

まとめ

スイカVPNのメリットをもういちど見てみましょう。

・解約がカンタン。
・2週間の無料期間がある。
・動画配信サービスにも対応。
・同時接続台数が多い(47台)
・中国での使用を中心としている。
・日本製のVPNで日本語対応はばっちり。
・中国の休日(国慶節や春節など)でも無休でサポートしてくれる。
・5つのプランがある(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年)

そしてプランは5種類あり、費用は以下のとおり。

スイカVPNの値段
まずは30日無料キャンセル期間で動作をチェックしてみよう!

コメント