転職のための中国語習得法

【2022年最新】プロの翻訳家が選ぶ中国語オンラインスクール3社

ココ
ココ

中国語のオンラインスクールってたくさんあって、どれを選べば良いのかよくわからないよ。働きながらでも勉強がつづけられるところがいいな。
将来的には中国語で転職したいんだ!
中国語の人材は不足してるって言うし、中国語できれば将来困ることもなくなって、ロイヤルカナンのドッグフードもたくさん買えるでしょ!

Yuki
Yuki

大丈夫!じゃあ中国語を勉強して10年、プロの翻訳家であるボクが3つ厳選して紹介するよ!

働きながらでも勉強できるところを選んだよ。

仕事の空き時間とか休日を利用して、新しい会社にステップUPできる中国語能力を手に入れよう!

中国語を勉強する人は年々増加していますね。

知っていましたか?中国語ができれば転職でも有利になるのですよ。そういった理由で働きながら中国語を学ぶビジネスパーソンが増えているのです。

ボク自身、中国語を身につけて、中国語の翻訳&通訳で食べていけるようになり、さらに中国語で恋愛して結婚して、今では中国移住までしました。そして中国でドラマやCM出演まで果たしました。さらに中国語の書籍まで出版しました。

文字通り中国語で人生が変わったわけです。中国語スクールを探しているみなさんも中国語を武器に人生の新たなステップを目指していることと思います。
ぜひその手助けをさせてください。

中国語を勉強するにあたって、、挫折してしまう人も多いものです。1年勉強しても身につかないっていう人もいます。
そのためには

・正しいやり方
・短期間で
・アウトプットもできる

この3点が重要になってきます。テキトーにスクールを選んでしまうと1年勉強しても身につかず、逆にお金をドブに捨てるようなものです。

またボクの妻は中国人なのですが、妻と妻の友達は中国語を教えていたこともあり、職探しのときに直接お話を聞いたり、先生と話したり、いろいろリサーチをしました。
ちょっぴり中国語スクールの内部情報には詳しいので、安心して参考にしてくださいね。

ちなみにひどいスクールは、中国人留学生やらを安い値段で雇い、研修もなし。授業料は高く、その分の差額を会社が稼いでいるというところもあります。
そういった学校の見分け方は以下、くわしくご紹介しますね!

さて、それをふまえてプロの中国語翻訳家であるボクと中国人妻が3つのスクールを厳選しました。オンラインで学習できるスクールなので、自宅でも職場でも出張先でも時間さえあればすぐに勉強できるというわけです。

それをランキング形式で1位〜3位紹介しまていきます。

数あるスクールの中から経験者の目線で選びましたので、自分で迷いながら選ぶという時間の節約ができ、なおかつ選び間違えたという後悔をすることがなくなります。

もちろん1位が一番おすすめということですが、
1位が条件的に厳しい人に2位と3位で自分にあったスクールが見つけられるはずです。

おすすめ中国語スクールTOP3

では先に結論を発表しますね。

1位:Berlitz(ベルリッツ)のオンライン中国語

2位【バークレーハウス】
3位駅前留学のNOVA 講師は全員外国人

この3つの中から選んでおけば間違えないです。

ココ
ココ

この3つはどうしておすすめなの?

Yuki
Yuki

いい質問だね!じゃあスクールを選ぶ際のポイントを紹介するね!

中国語スクールに求める条件は?

まず中国語スクールを選ぶときに必須の条件というものがあります。

  1. ネイティブの先生
  2. オンラインも可能
  3. 1対1または少人数
  4. 授業は中国語で
  5. ベテラン講師が在籍している

ではこれらをひとつひとつくわしく見ていきましょう。

1・ネイティブの先生

ネイティブの先生と非ネイティブの先生がいた場合、発音や細かなニュアンスに関してはネイティブの先生に教えてもらえるような環境がいいでしょう。

どんなに中国語が上手だとしても発音や細かいニュアンスは完璧とはいかないものです。

ボク自身も妻が中国人で、長年通訳や翻訳をしていますが、中国の方とお話していると、最初は日本人だとはバレなくてもやはりちょっとしたニュアンスや表現がおかしいとバレてしまいます。

非ネイティブの先生から細かい文法なども習いたいと思う方もいると思いますが、ボクはできるなら最初からすべてネイティブの先生に習う方が習得がはやいと思います。

先生の出身地は関係ない

よく中国人の先生は出身地によってなまりがあるから…などと言う人がいます。

これは明らかに間違っています。そして、北の方が標準的などと言われますが、それも違います。

北の方は北の巻き舌の発音(卷舌音:juàn shé yīn)をしたりします。そして、これは標準語ではないので、北はかならずしも標準であるとは言えないのです。

また今の若い人たちは標準的に話します。大学を出た人たちは特にそうです。

さらに中国語の先生になるには標準語のテストが必要です。これは日本ではアナウンサーが受けるような試験という感じですね。発音やイントネーションの試験です。

なので、出身地で先生を指名するのは大きな間違えと言えるでしょう。

それなら、写真を見て自分のタイプの顔で選んだ方がよっぽど理にかなってます。

2・オンラインも可能

やはりオンラインで授業ができた方が都合が良いですから、長続きします。

最近流行りのサスティナブル(持続可能)ということですね。勉強はちょっとずつ積み上げていく必要がありますから、「つづける」ということもひとつのキーワードなのです。

オンラインであれば場所も選びませんから、どんな田舎に住んでいようと、都市部にしかない有名スクールの有名講師の授業が受けられるということです。

また自宅からでも、職場や出張先からでも授業が受けられるというのは移動時間がなくて便利ですよね。

しかし、直接行った方がモチベーションも上がるとは思います。なので、両方選択できるのがベストですね。気分が乗らない時は直接学校に行って、先生と話したり、もしくはお友達ができるかもしれません。そうなればまたやる気がでてきますよね。

3・1対1または少人数

授業では自分が話す機会が多いほど上達もはやくなります。もちろん人数が少ない方が話す時間は多くなるわけで、その点1対1の方がいいですよね。

また他に受講者がいないことで恥ずかしさも少しは減りますから、間違えたらどうしようという心理的なハードルも低くなります。

少人数でも大丈夫という人は、グループで受講しても良いかもしれません。仲のいい同僚と一緒に受講すれば逆に緊張しないで話せるかもしれませんね。

4・授業は中国語で

0から始めるレベルだとしても中国語で授業した方がいいと思います。

「中国語わからないから」と思うかもしれませんが、それは先生側も単語などをコントロールしてくれますから大丈夫です。
まったくわからない場合は先生も日本語で教えてくれます。

日本語がわからないフリをしているだけで、先生たちは日本語ペラペラの場合がほとんどです。

ボクも長年日本語教師をしていたのですが、レベルに合わせて単語をコントロールしたりという訓練を受けますし、先生たちは経験がありますから、上手に誘導してくれますからそこは心配ないです。

5・ベテラン講師が在籍している

ベテラン講師というのはその学校に長年(少なくとも3年以上)在籍している講師がいるということです。

良くないスクールは講師の入れ替わりが激しいです。やはりこういったスクールでは教える側もプロではありませんし、値段だけ高くて得られるモノは少ないので選ぶべきではありません。

こういう学校は意外に多いものです。要注意!

Yuki
Yuki

ここで授業を受けるときのアドバイスも紹介するね!

授業を受けるときのワンポイントアドバイス

ボクは日本語を教える仕事を数年していました。初級の受講生に教えるときには先生としてかなり気を遣うものです。

そして、習得がはやい受講生には共通の特徴があることに気が付きました。
リストにしてみます。

  1. 表情が豊か
  2. はっきり話す
  3. 予習してきている
  4. 自分でも勉強していてどんどん使おうとする
  5. 積極的に質問する
  6. わからないことは質問する
  7. 授業中しっかりメモする
  8. 新しい文法や単語を積極的に使おうとする
  9. 何度も何度も言い間違える(それをメモする)
  10. 「こういう言い方も良いですか?」と聞く

数年の経験の中で見つけ出した習得のはやい受講生の共通点です。

これは聞き上手という感じですよね。こういう人と話しているとこちらも楽しいですし、場の雰囲気もよくなりますよね。

そういうことです。先生も人間ですから、やはり恥ずかしがってモゴモゴしていたり、やる気が無かったり、メモしないでただ聞いてるだけだったりしていてはいい気分にはなりません。

逆に積極的に質問してくれたり、一生懸命まちがえながらも言いたいことを言おうとしてくれたり、こういう表現も思いついたんだけどいいのかと質問してくれたらうれしいものです。

例えば、授業をしてくれる先生の出身地について調べてみて、それを会話に盛り込んでもいいでしょう。
例えば出身地が北京なら、
「北京ダックって高級料理なんですか?いくらするんですか?」
「北京って省なんですか?」
「北京って方言あるんですか?」など聞いてみると盛り上がりますし、単語も増えて、さらに知識も増えるわけです。

勉強するからには短期間で目標のレベルまで達成したいものですよね。
ぜひ上の10のリストも参考にしてみてください。

このような条件にあっているスクールを3つ見つけました。
もう一度見てみましょう。

1位:Berlitz(ベルリッツ)のオンライン中国語

2位【バークレーハウス】
3位駅前留学のNOVA 講師は全員外国人

これらは英会話で有名なスクールですね。実は中国語もあるのです。
ひとつひとつ見ていきましょう。

1位:Berlitz(ベルリッツ)のオンライン中国語

有名な大手ですね。こちらが一番オススメです。
ちなみに妻の友達もベルリッツで講師になる面接を受けたのですが、オチてしまいました。

講師の選別や要求もすごく厳しく、講師になった後も研修などが充実しています。
在籍している講師陣はみな経験豊富なプロです。

プログラムも充実していて、レベル1〜10まで細かく分かれていてしっかり面倒みてくれますよ。

会話などの実践の中で文型や単語を覚えるというスタイルなので、効果は一番あります。中国で生活しているのと同じ状態が作り出せるわけです。

授業は毎回オンラインと教室が選べるというのもポイントです。
レッスン満足度97.9%ですから、人気があります。

そのため人数制限のあるグループレッスンなどはすぐに埋まってしまいますし、人気講師も予約できなくなってしまいますから、迷っている人はここがいいと思います。

正しいやり方で短期間で習得し、きれいな発音を身に着けられれば、それがこれからの人生で大きな武器になります。
ちなみにボクはその武器を手に入れて、中国人と結婚し、中国に移住しました。

みなさんも一生役に立つ武器を手に入れてスキルアップしましょう。
似たようなサイトが多いようですが、下のは本物の公式HPですからご安心ください。

ココ
ココ

ベネッセ会員は入会金(33,000円)が無料になるからベネッセに登録しておくとお得だよ!

Yuki
Yuki

一般教育訓練制度(受講費用の援助)の対象になるコースもあるよ!くわしくは公式サイトをチェックしてみてね!

ベルリッツの公式HPはこちら>>

ベルリッツ中国語の口コミやレビューはこちら

2位【バークレーハウス】

こちらは1回の授業時間が120分と長いのが特徴です。ベルリッツは1回40分ですから、一気に授業を受けてしまいたいという人はこちらも選択肢に入れてみてもいいでしょう。

レッスンは1対1のプライベートレッスンのみです。

値段はすこしお高めですが、その分自分に合ったレッスンをカスタマイズしてもらえます。

今なら3,240円の60分体験レッスンに参加すると以下の特典があります。

・入学金が半額(22,000円→11,000円)
・テキストが1冊無料でもらえる(上限11,000円)

バークレーハウスの公式HPはこちら>>

バークレーハウス中国語のレビューや口コミはこちら

3位:NOVA

こちらは上記のバークレーとはちがって1回の授業時間が18分と短めです。

毎日コツコツと短時間でいいからやっていきたいという人には向いていますね。

授業はオンラインですが入会時は来校する必要があります。
校舎は駅前にありますから便利ですよね。

講師はみんな外国人というのがキャッチフレーズでもありますから、ネイティブの先生も多数在籍しています。

なんといっても学費が安いです!グループレッスンでは月1万円でネイティブの授業が受けられます!

NOVAの公式HPはこちら>>

NOVA中国語講座のレビューや口コミはこちら

まとめ:中国語オンラインスクールベスト3

以上が厳選した中国語オンラインスクールベスト3でした。

もう一度見てみましょう。

1位:Berlitz(ベルリッツ)のオンライン中国語/満足度No.1
2位バークレーハウス/授業時間が長く一気に詰め込める
3位NOVA
/学費が安い

Yuki
Yuki

みなさんも中国語という武器をはやく手に入れて人生の選択肢を増やしましょう!

ボクみたいに中国語で恋愛して結婚するまでいく人もいるかもしれませんね。

ココ
ココ

ボクに話しかける時は日本語だけどね。
ちなみにボクはミニチュアシュナウザーっていう種類。
中国語は雪纳瑞:xuě nà ruìだよ!

動画で見たい方は動画内で簡単に解説していますので、あわせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました