当サイトで使用しているVPN↓↓
中国ライフハック

大連のホテル隔離生活14日間の日記ブログ【ダイジェスト版】

中国大連ホテル隔離生活ブログ
  • これから大連で隔離される予定だけどどんな感じか知りたい。
  • 夏に隔離されるけど、どんなことに注意すればいい?
  • 隔離ホテルの費用や食事など具体的に知りたい。
  • 圣汐湾度假酒店というホテルで隔離される予定。
  • 中国で隔離されるときの注意点が知りたい。
  • 隔離ホテルの飲料水が足りないって本当?
  • 隔離経験者のナマの情報がほしい。
  • 隔離の様子を動画と写真でみたい。
  • 隔離飯はどんな感じ?

というお悩みがある方にぴったしな内容になっています。

隔離期間は2020年の8月18日〜8月31日までです。

すこし前のことですが、隔離内容はおおきな変更もないので参考になります。

食事や生活などは当時リアルタイムで撮影していたので、動画で生活の様子や食事内容などを知ることができます。

ブログも当時リアルタイムでつけていた日記なので、そのときの様子がこまかく記されています。

後半ではいまのワクチン接種の様子や上海でおきたロックダウンの様子もお伝えします。

では見ていきましょう。

大連のホテル隔離生活14日間

隔離ホテルは選ぶことができません。

そのため、どこに送られるのかわからないわけですが、ボクの場合は大連にある(圣汐湾度假酒店:shèng xī wān dù jiǎ jiǔ diàn)という結構豪華なホテルでした。

費用は1日500元(約1万円)ですが、ボクの場合、妻といっしょに隔離されていて+100元(約2,000円)でした。

このホテルの隔離者はほぼ全員日本人でしたね。

ホテル生活でのQ&Aもまとめてあります。
>>大連隔離ホテル生活のQ&A

隔離1日目:2020年8月18日

日暮里駅からスカイライナーで空港第2ビルへ、そして成田空港から大連へ向かいました。

※搭乗前に日本でPCR検査は受けていません。中国籍が必要とされる健康码もやっていません。
空港でも要求されませんでした。

大連空港ではいくつかの質問を受け、問題なければPCRをします。

妻(中国籍)とおなじ部屋にできるか心配だったのですが、日本語を話せるかかりの女性に頼み込んだらOKでした!^^

>>1日目の日記ブログはこちら

隔離2日目:2020年8月19日

朝はピンポンが連打され、ビックリしてドアを開けると、朝食が置かれていました。

職員は接触しないようにしているのですね。そして、椅子が足りないので注文するとおなじように部屋の前に置かれていました。

妻がストレスのためか生まれてはじめて蕁麻疹が出てしまい、薬を注文したら届きました。

>>2日目の日記ブログはこちら

隔離3日目:2020年8月20日

シャワー室の排水がつまっているようで、それを連絡したら工具を持ったおっちゃんが来てくれました。

防護服ではなく普通のTシャツとマスクでしたね。修理してくれないのではないかと心配だったので、安心しました。

グループチャットで連絡があり、毎日の2回の体温報告をわすれたばあい、隔離期間が7日間延長とのこと…。

やめてくれ〜

>>3日目の日記ブログはこちら

隔離4日目:2020年8月21日

受付やスタッフの対応もすごくいい感じです。

グループチャットで紅茶や緑茶のティーパックがなくなったけど、新しいのもらえるのかと誰かが質問したら、もちろんOKという返事だったのでボクも頼みまいした。

もらえるお茶と持ってきたコーヒーを飲んでいるため、14本ずつ配られる水が減らないです。

最初は水が足りないように言われていて心配だったのですが、部屋には48本の水があることになります。

>>4日目の日記ブログはこちら

隔離5日目:2020年8月22日

このホテルには日本人が100人近く隔離されているからか、食べ物は日本人が好みそうなものを用意してくれているようです。

夕飯も野菜炒めときゅうりの漬物、カレーに麻婆豆腐と、日本人が好きそうなものですよね。

1回の食事が食べきれなくなってきました笑

残ったものはまたお腹が空いたらたべるようにしています。

>>5日目の日記ブログはこちら

隔離6日目:2020年8月23日

ずっとミンミン鳴いていたセミの声がぱたっとやんでしまいました。不思議です。

部屋のWifiがつかなくなって焦っていたのですが、となりの部屋のWifiにアクセスしたら繋がりました。

毎日なにかしらのトラブルがある隔離生活サイコー笑

>>6日目の日記ブログはこちら

隔離7日目:2020年8月24日

ホテル内のアメニティについて読者の方から質問があったので、チェックしてみました。

こんな感じでした。

アメニティー2人分×2週間

・歯ブラシ4本
・くし1本
・ひげ剃り2個
・シャワーキャップ2つ
・縫い物キット2個
・スリッパx2 
・靴ふき布x2

>>7日目の日記ブログはこちら

隔離8日目:2020年8月25日

部屋ごとに置いてある水は48本
1日2本まで無料、つまり2週間で28本まで無料。

これは部屋ごとであるため、ふたりで隔離中の私達も28本ということだ。

それ以降は1本につき2元(40円)かかるとのこと!
やりますなぁ〜!

>>8日目の日記ブログはこちら

隔離9日目:2020年8月26日

この日は朝から採血がありました。ひさしぶりに靴をはき、マスクをし、そとへ。

さらに部屋代の支払いもありました。1人500元(約1万円)+1人で1日+100元(約2,000円)でした。
よって、僕と妻は二人で600元/日(約1万2,000)もするのです…。

PCR検査(あさって8月28日の予定らしい)と今日の採血の費用は:238元(約4,760円)

>>9日目の日記ブログはこちら

隔離10日目:2020年8月27日

この日は朝ごはんで咸鸭蛋(xián yā dàn)というカモの卵が登場!

すごいにおいがして、ボクは苦手なのですが妻はおいしそうに食べてました笑

最近はお腹が空くまでの間隔も長くなり、昼食が届けられた時点ではまったく食欲がないということが多いですね。

持参のインスタントコーヒーも無くなりそうなため、1日1杯にして、その後はもっぱらお茶を飲んでいます。

サムネは11日ですが、実際は10日目の動画です…。

>>10日目の日記ブログはこちら

隔離11日目:2020年8月28日

きょうは2回目のPCR検査があるのですが、グループチャット内でなんの連絡もないので朝ごはんを食べながら待っていました。

すると連絡があり、はやくしないと検査終わっちゃうよとのこと。

連絡を待っていてはダメだったのですね…。

>>11日目の日記ブログはこちら

隔離12日目:2020年8月29日

隔離が14日間で8月31日に解放できるかと思いきや、15日目がチェックアウトと連絡がありました。

時間は午前8時半〜9時だそうです。

あさって帰れるとおもっていたのにすこし残念…。

>>12日目の日記ブログはこちら

隔離13日目:2020年8月30日

きょうははじめて出前を注文してみました。

チャーハンが29元(580円)
普通のお店なら10元で買えるものであります…

ここでの出前は高くつきそうです…

>>13日目の日記ブログはこちら

隔離14日目:2020年8月31日

きょうが隔離最終日であした解放されます!

そしてサプライズとして、受付のおねえさんからサプライズがありました!

これは感動です。妻とWeChatで連絡していて、誕生日がおなじ日だということもあり仲良くなったようです。

>>14日目の日記ブログはこちら

隔離ホテルから出るときの注意点

隔離ホテルチェックアウト時間が8時30〜9時です。その後、急いで大連空港に向かう人もいるでしょう。

しかし、国内線はほとんどが午前発です。

隔離ホテル(圣汐湾度假酒店:shèng xī wān dù jiǎ jiǔ diàn)から大連空港までは40〜45分くらい
なので、1時間とみておきましょう。

仮に9時にすべてが完了して、急いで空港に向かっても10時着です。

空港で手続きなどを考えると、午前のには間に合いそうにないですね。

そこで空港付近で1泊する必要があるのですが、ボクが泊まったのは全季大连机场酒店(quán jì dà lián jī chǎng jiǔ diàn)というホテルです。

外国人NGのホテルも多いですが、このホテルは外国人もOKなので助かりました。

>>大連空港付近のおすすめホテル!隔離終了後フライトに間に合わないときのために(筆者の体験談)
>>隔離ホテルから出る時の注意点!大連のコロナの状況は?大連空港はどんな感じ?

さて、これまでの大連隔離14日間の記録が電子書籍になりました!
これで隔離の様子がよ〜くわかりますのでぜひ買ってね!

その後の中国のコロナ事情

隔離から2年ちかくがたとうとしている現在もコロナは収まらず、オミクロンという新しい型のウイルスが猛威をふるっています。

ロックダウンする都市も続出

2022年の4月から2ヶ月くらい上海で大規模なロックダウンが実施され、国内でもかなりの反発を生みました。
>>ロックダウンした上海の状況は?当局に削除されている動画『四月の声』とは?

そのときのパニックの様子が動画にされ、当局により何度も削除されている『四月の声』というのも話題を呼びました。

たべものや生活品も物資の配給でなければならない状況になりました。

その動画に丁寧に日本語字幕をつけたので、チェックしていただけるとうれしいです^^

ロックダウンや准ロックダウンする都市はかなりの数にのぼりました。

PCR検査はこんな感じでした。ショート動画にしたので気になる方はクリックしてみてください。
>>中国でPCR検査に強制連行された日本人
>>中国のPCRのお姉さんのノリがよかった件

またロックダウンした町はこんな感じで、出前を受け取るのも一苦労です。
>>ロックダウンされた中国の町〜こんな感じで出られません

ワクチン接種

ワクチン接種も行われています。

強制ではないのですが、会社によっては強制であったこともあります。

ボクと妻は2回接種しました。

1回目のワクチン接種↓↓

>>【体験談】中国製ワクチン接種(1回目)副作用は?効果は?動画と写真つきで解説

2回目の接種のようすはこちら↓↓

>>【体験談】中国製シノバック製ワクチン接種2回目(中国で接種)!動画と写真つきで紹介!

これからコロナの状況はどうなっていくのでしょうか?

あたらしい情報をアップデートしていきますので、ブックマークして定期的に訪問してくれるとうれしいです^^

ほかの記事&YouTubeもよろしくお願いします!

中国語で情報を収集したいという方はこの中国語学習ロードマップを参考にスキルUPしてみてください。

プロの通訳・翻訳者が実践している方法です。

コメント