中国語学習メソッド

台湾華語を勉強したいけど中国語と同じ?この記事で徹底解説!これであなたも台湾人!

台湾華語って中国語?台湾華語を完全マスター!これであなたも台湾人!

日本では台湾で話される普通話を「台湾華語」と呼ぶので、
中国大陸の普通話とちがうものだと誤解されがちですね。

しかし実際は、全体的なアクセントや一部の単語がちがうくらいで、意思疎通はまったく問題ないです。

単語がちがう例として、台湾では普通話を“國語:guó yǔ”と呼びます。

台湾のアクセントはやわらかくてやさしい感じがあって、特に女性が話す台湾アクセントは「かわいいし、やさしい」と大陸でも人気があります。

たとえばこんな動画もあります。台湾でのモニタリングで、「山東省の旅行者が方言で道を聞いたら」 台湾のひとたちの話し方はやさしい感じでいいですね。

両親が最近移民してきた大陸の人だったり、家族で移って来る人が増えたりして、台湾の若者のなかには、大陸と同じ話し方をする人が増えてきてもいます。

大陸でも福建省とかは、方言が閩南語や客家語で、台湾と同じなので台湾式の発音をする人も多いです。

これでもわかる通り、アクセントは方言からの影響が強いということですね。

では以下でくわしくみていきましょう。

目次からジャンプもできます↓↓

漢字の形(簡体字と繁体字)

中国大陸では漢字を略式化した簡体字、台湾・香港・シンガポールやマレーシアなどの中華圏では繁体字が使われます。 

簡体字と繁体字をざっくり見てみましょう。

左(簡体字)→右(繁体字)でいくつか例をあげてみます。

爱→愛 宝→寶 报→報 毕→畢 备→備 笔→筆 变→變 补→補 无→無
达→達 单→單 当→當 导→導 点→點 电→電 东→東 对→對 动→動 
队→隊 飞→飛 风→風 丰→豐 个→個 过→過 龟→龜 冈→岡 广→廣 
国→國 汉→漢 号→號 画→畫 华→華 机→機 见→見 将→將 节→節 
觉→覺 开→開 来→來 恋→戀 刘→劉 龙→龍 马→馬 买→買 卖→賣 
门→門 宁→寧 难→難 鸟→鳥 农→農 仆→僕 书→書 数→數 总→總

また台湾ではピンインを使わず、注音というのを使います。

ひらがなに似ていますね。

台湾や香港の知り合いはみんなピンインがわからなくて、驚いたのをおぼえています。

また、大陸でも年配のひとはピンインを知らない場合も多いです。

妻のお母さんもピンインはわからないので、文字は手書き入力していますね。


全体的なアクセント

台湾と大陸では全体的に話すアクセントがちがっていて、聞けば台湾アクセントだとすぐわかります。

大陸では“台湾腔:tái wān qiāng”と呼ばれますね。

ハルビンに旅行にきた台湾人にハルビンのひとたちがすごく親切にしたことから、大陸から来たひとたちが台湾アクセントを真似した台湾人のフリをするというのも流行ってます笑

どれが偽物の台湾人かわかりますか?
動画の最後に解答があります笑

你好机车哎。:nǐ hǎo jī chē èi”というセリフは大陸でも有名です。

「うるさい」とか「やかましい」「機械みたいな話し方」といった意味ですね。

漢字は同じでも発音がちがうもの

発音が以下のようにちがう場合もあるようです。

“液体:yè tǐ”→“yì tǐ”
“和:hé”→“hàn/hé”
“包括:bāo kuò”→“bāo kuà”

これはボクが台湾にいるときには気づきませんでした。

今回ブログを作成するにあたって、いろいろ調べている過程ではじめてしりましたね。

声調がちがうもの

同じ漢字でも、声調がちがうこともあります。

“期待:qī dài”→“qí dài”
“法国:fǎ guó”→“fà guó”
“企业:qǐ yè”→“qì yè”
“相亲:xiāng qīn”→“xiàng qīn”
“阿姨:ā yí”→“ǎ yí”
“亚洲:yà zhōu”→“yǎ/yà”
“俄罗斯:é luó sī”→“è luó sī”
“成绩:chéng jì”→“chéng jī”
“质量:zhì liàng”→“zhí liàng”
“危险:wēi xiǎn”→“wéi xiǎn”
“攻击:gōng jī”→“gōng jí”

台湾のひとと話しているとき“法国”を“fà guó”と発音していて、
“fǎ guó”って言わないんだと発見したのを覚えていますね。

“成绩:chéng jì”→“chéng jī”とありますが、
妻の知り合い(浙江省寧波市出身)は“chéng jī”と発音していましたね。

大陸はこう、台湾はこう と完全に言えないといういい例ですね。

軽声がない?

台湾では声調でアクセントをつけない「軽声」がありません。

大陸では声調をつけづに読むときも、台湾では声調通りに読むことが多いです。

“认识:rèn shi”→“rèn shì”
“厉害:lì hai”→“lì hài”
“哥哥:gē ge”→“gē gē”
“东西:dōng xi”→“dōng xī”

儿化音がない

台湾では“r”を発音しないことが多いです。

“二:èr”→“è”
“儿子:ér zi”→“é zi”
“耳朵:ěr duo”→“é duo”

“去哪儿”も“儿”は発音せずに“去哪”と言います。

台湾の人が大陸の人の話し方を真似するときはこの儿话音(卷舌音)を真似しますね笑

zhi, chi, shi, ri

同様に発音も「正解」はありません。地域や年齢によって、さまざまです。

たとえば

と発音するひとは多いです。
おそらく人口でみたら大多数がこのように発音しますね。

具体的には

“知道:zhī dào”→“zī dào”
“吃饭:chī fàn”→“cī fàn”
“我是:wǒ shì” →“wǒ sì”
“日本:rì běn” →“zì běn”

というようになるわけです。

ここまでいかなくても、「zhi, chi, shi」ははっきり発音しない場合がほとんどです。

南の方がそうですね。

ということは人口の大半が「zhi, chi, shi」をはっきり発音しないと言うことになるので、
安心してください笑

しかしこれを「じー、ちー、しー」と発音すると日本人っぽくなります。
以下で紹介しますが、香港人も似たような発音をするひとが多いです。

音の連結

“知道:zhī dào”→“zào”
“大家好:dà jiā hǎo”→“da-a-hao”
“不好意思:bù hǎo yì si”→“bao-is”
“这样:zhè yàng”→“jiàng”
“那样:nà yàng”→“niàng”

音を連結させるのも台湾アクセントの特徴ですね。

以下の動画で台湾の方が紹介しています。

“超”をよく使う

台湾では「とっても」というときに、“非常:fēi cháng”ではなく“:chāo”や“超級:chāo jí”がよく使われますね。

また、ポジティブな形容詞がよく使われることも特徴で、大陸ではあまり「おいしい」とか「いい」といったことは使われません。

たとえば

“这个好吃吗?”(これおいしい?)
-“还好。”(うん。)←直訳すると「まぁまぁ」「悪くない」といった感じ。

“非常好吃”とはほぼ言いませんし、“很好吃”ともなかなか聞きません。

一方で台湾では

“這個好吃嗎?”(これおいしい?)
“超好吃!”(超おいしい〜)

台湾なので表記も繁体字にしました。

大袈裟な表現が好まれる傾向にあるようです。

日本語の表現と似ていると言えるかもしれませんね。

使う単語がちがう

台湾と大陸で使う単語がちがうものもあります。

左が大陸で右が台湾での言い方です。
代表的なものを見てみましょう。

“垃圾:lā jī”→“垃圾:lè sè”
“地铁:dì tiě”→“捷運:jié yùn”
“自行车:zì xíng chē”→“腳踏車:jiǎo tà chē”
“出租车:chū zū chē”→“計程車:jì chéng chē”
“金枪鱼:jīn qiāng yú”→“鮪魚:wěi yú”
“洗手间:xǐ shǒu jiān”→“化妝間:huà zhuāng jiān”
“酒店:jiǔ diàn”→“飯店:fàn diàn”
“沙特阿拉伯:shā tè ā lā bó”→“沙烏地阿拉伯:shā wū dì ā lā bó”

台湾の映画やドラマ、番組などは大陸でも人気なので、
台湾で使われる言い方も大陸のひとはわかることが多いです。

92年出身の妻は、子供のころはほぼ台湾や香港のアイドルが人気だったと言っていました。

以下のようなリストも見つけたので、引用しておきます。

普通话臺灣English
软件軟體Software
网络網路Network
消息訊息Message
数据資料Data
文件夹資料夾Directory, folder
发邮件寄信Send email
发短信傳簡訊Send SMS
视频影片Video
幻灯片投影片Slide, PPT
打印列印Print
复印影印Copy
死机宕機Crash
程序程式Programme
调用呼叫Call
对象物件Object
缓存快取Cache
信号訊號Signal
实现實作Implement
变量變數Variable
操作系统作業係統Operating system
装系统灌係統Install OS
向后兼容嚮下兼容Backward compatibility
硬件硬體Hardware
服务器伺服器Server
笔记本筆電Laptop
屏幕、显示器熒屏、熒幕Screen
智能手机智慧型手機Smart phone
数码(相机)數位(相機)Digital (camera)
单反(相机)單眼(相機)Single-lens reflex camera
硬盘硬碟Hard disk, HDD
鼠标滑鼠Mouse
内存記憶體Memory, RAM
项目專案Project
硅谷矽穀Silicon Valley
刷屏洗版Spam
自定义客製化custom, user-defined
下划线底線underline
白葡萄酒白酒White wine
白酒高粱酒Spirit, liquor
喜力海尼根Heineken
三文鱼鮭魚Salmon
芝士起司Cheese
薯片洋芋片Crisps
酸奶優格、優酪乳Yogurt
花生土豆Peanut
传统风味古早味Traditional flavored
堂食內用Dine in
盒饭便當Fast food, Bento (日: 弁当)
粉丝冬粉Silk noodles
乌贼、墨鱼花枝Squid
金枪鱼鮪(wěi)魚Tuna
巧克力朱古力Chocolate
幼儿园幼稚園Kindergarten
小学國小Primary school
初中國中Junior high, middle school
高考聯考College entrance examination
公交车公車Bus
地铁捷運Subway, metro
摩托车機車Motorbike
自行车腳踏車Bike, bicycle
出租车計程車Taxi
奔驰(汽车品牌)繽士Benz
大众(汽车品牌)福斯VW
朝鲜北韓North Korea
新西兰紐西蘭New Zealand
沙特阿拉伯沙烏地阿拉伯Saudi Arabia
法(fǎ)国法(fà)國Franch
马尔代夫馬爾蒂夫Maldives
奥巴马歐巴馬Obama
普京普廷、普丁Putin
希拉里希拉蕊Hillary
乔布斯賈伯斯Jobs
斯大林史達林Stalin
梵高梵穀Van Gogh
莫奈莫內Monnai
美女正妹Beauty
同事同仁Colleague, co-worker
百分之十十帕10%, ten percent
垃圾樂色Garbage, rubbish, junk
不客气不會You’re welcome
导弹飛彈Missile
坦克戰車Tanks
水泥石屎Concrete
UFO幽浮UFO
激光鐳射Laser
新闻資訊News
通过透過Through
年会尾牙Annual meeting
献血捐血Blood donation
世界杯世界盃World Cup
博客部落格Blog
不限量吃到飽Unlimited
米(长度)公尺Meter
礼物伴手禮Souvenir, present, gift
暴雨豪雨Heavy rain, rainstorm
车费車資Fare
圣诞耶誕Christmas
芥末山葵, wasabi(日)Mustard, washabi
地道道地Native
堵车塞車Traffic jam
熊猫貓熊Panda
识别辨識Recognize
引用

Wikipediaにもくわしく載っています。

ほかにインスタグラムを略して呼ぶとき中国大陸では“ins”と呼び、台湾や日本などは“IG”と呼びますね。
(ちなみに中国ではインスタグラムは利用できませんが…)

また、アニメや映画のタイトルも中国大陸と台湾でちがうことが多いです。

たとえば「一休さん」は知らないひとがいないくらい有名なのですが、
中国大陸では“聪明的一休
台湾では“一休和尚”というタイトルです。

日本語から入ってきた単語を採用することもあり、
たとえば「卓球」は中国では“乒乓球:pīng pāng qiú”と言いますが、
台湾では日本語と同じく“桌球:zhuō qiú”といいます。

さらに「文法」も中国では“语法:yǔ fǎ”ですが、台湾では“文法:wén fǎ”と言います。

ソフトクリームを買う時に“甜筒:tián tǒng”と言っても通じず、台湾では“蛋卷冰激凌:dàn juǎn bīng jī líng”と呼ぶことがわかりました。

また台湾人の友達からは「台湾では“很好”じゃなくて“蛮好:mán hǎo”って言うよ。」と教わったこともあります。

意思疎通は問題ない

ボク自身、台湾にはこれまで5回行ったのですが、意思疎通で困ったことはありませんでした。

台湾出身、さらに香港出身、シンガポール出身のひととお話したときは、使う単語やイントネーションがちがって新鮮でした。

みんなでクイズの出し合いっこをしたり、
たまに単語の意味が通じないこともあって、そんなときは聞き返しあったり、
中国語はおもしろいなぁと改めて思いましたね。

台湾の恋人や友達がいる方は、ぜひ台湾での言い方を使ってみましょう。

好印象を持ってもらえるでしょうね。

また台湾のなかでも北部と南部でアクセントがちがうみたいですね。

中国語のおもしろさ

このように中国語はバラエティーに富んでいて、すごく興味深いですね。

みなさんも中国語ネイティブのひととの交流を重ねていくと、あたらしい発見があって、どんどん中国語の沼にはまっていくことでしょう。

シンガポール、マレーシアなどの華僑のひとたちも話し方や一部の使う単語がちがっていたりして、おもしろいです。

年代や出身地によって、発音も表現もさまざまで中国語には「正解」がないということがよくわかります。

台湾ドラマを見て、「あ、この言い方、大陸とはちがう。」と気づけたら、あなたの中国語スキルは高いと言えるでしょう!

では以上です。

ありがとうございました!

コメント