国際結婚で失敗する人の特徴5選!厳し目の意見ですが、事実です。

国際結婚
この記事は約6分で読めます。

こんにちはYuki(@YukiHiroi)です!

国際結婚で失敗する人、つまり離婚に至ってしまう、または外国人の彼氏、彼女とうまく行かない、付き合う段階までいかない…。

そんなアナタのための記事です!

先日、国際結婚のメリットデメリットを紹介しました。

結論としてボクは国際結婚はおすすめだと思っています。
そんなボクも妻は中国人、今や結婚5年目を迎えます。

そして今回ご紹介したいのは国際結婚でうまくいかないであろう人の特徴を5つ!厳し目の意見ですが、これを改善すれば国際結婚も順風満帆になることでしょう!

先日こんなツイートをしました↓↓

https://twitter.com/YukiHiroi

ではひとつひとつ見ていきましょう!

それぞれにアドバイスもつけておきます!

★国際結婚で失敗する人の特徴5選!

①いつも日本と比較する

「日本では絶対こんなことないよ!」
「日本人はそんなこと言わない」など

「日本では〜」「日本人は〜」が口癖になっている人は、日本が一番で日本が基準だと思っている人だと思います。

日本にいない限り、この基準に当てはまることはかなり少ないですよね。そうなるとストレスが溜まって、さらに他のことが気に障る…相手の習慣が理解できなくなる…相手を見下すようになる…などなど
悪循環に陥ることになります。

こちらの動画も合わせてご参考くださいね↓↓

私達が知らなければならないことー「日本が私の国を植民地支配したことを知っていますか?」/日本人としての海外マナー

相手の文化が受け入れられなかったり、相手の考えが理解できないと、そのイライラは自ずと相手に伝わってしまい夫婦関係が悪くなってしまいます。

◎アドバイス

外国出身の奥様、旦那様の習慣や文化を受け入れましょう。しかし、表面上の気持ちだけではダメです。「尊敬」が必要!

外国人にとっては日本の文化風習は独特なものであり、時に面倒くさくもあります。そんなアナタを一生のパートナーとして選んでくれたなんて素敵ではありませんか!

②相手の国に住んだことがない

こちらも重要なポイントです!パートナーがどのような環境で、何を食べて、どんな景色を見て育ってきたかを知りたいと思うのは自然ですよね?

そしてそれを実行に移すのです!少なくとも、その国には行って少なくとも1ヶ月は住んでみるべきです。長く住むのが一番いいですよね実際。

相手の国の文化や風習に浸ってみて初めて理解ができ、皮膚感覚で感じ取るのです。

例えば中国は反日の人が多いと思う方もいるでしょう。しかし、ボクが初めて中国に行った時にその考えは吹き飛びました。

【中国短期留学】北朝鮮と中国の国境の町に行ったらすごかった〜中国吉林省延吉にて(中国語/日本語字幕)

そういうボクも妻の実家に行った時は最初は驚きました。電車もないような田舎でしたし、中国にはその前に何年も住んでいましたが、それでもカルチャーショックはありました。冬は暖房をつけることもありませんから部屋の中でもジャンパーを着ています。

しかし慣れるもので今やことあるごとに妻の実家に行っています。
この前は妻のお母さんがニワトリを買った養鶏場に行ってきました。そして野鳥をプレゼントしてもらいましたよ〜↓↓↓↓ 信じられますか?笑

中国の養鶏場に潜入!まさかの野鳥プレゼント?

◎アドバイス

相手の国に行けない場合は、少なくともパートナーの国出身の人と交流してみるのもいいでしょう。パートナーのお友達とお知り合いになったり、その国の料理を食べたり、その国の映画を見たりして理解に努めましょう!

③相手の言語がわからない

国際夫婦の多くは、
日本人男性と外国人妻の場合、外国人妻が日本語を話す

日本人女性と外国人夫の場合、日本人妻が英語を話す

というパターンが多いように思います。

ボクと妻は日本語も中国語も話せますが、生活ではミックスで話しています。
こんな感じ↓↓↓

【中国ローカル】中国人妻と烙鍋(ラオゴウ)という中華料理を食べてみた!大量の油を使う中国貴州の名物!牛の胃袋とニワトリの足の裏も!Chinese local food (ENG sub)

ずっとどちらかの言語で話していると、どんなに上手でも疲れてしまいますし、表現できないこともあります。

ネイティブにはなれないのです。

文化を理解するという点でも相手の言葉を理解するべきでしょう。

新しく覚えた言葉を妻に使って、妻も知らぬ間に覚えてた日本語を使ったり、新鮮なものですよ!

中国語の勉強法はこちらにも搔きましたのでご参考に!

【中国語勉強法】でる順!常用漢字のピンインを覚える!

中国語リスニングに最適YouTube“大树君”

動画でも外国語勉強法を紹介しています↓↓↓

【6ヶ国語話者】マルチリンガルが実践した勉強法!


◎アドバイス

今日から勉強!きっとパートナーの方も喜ぶことでしょう。

④英語だけで会話(相手が英語圏じゃない場合)

こちらはどちらも第二言語で話しているということですね。

このパターンも結構多いのではないでしょうか。

こういう言葉をご存知ですか?

 If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head. If you talk to him in his language, that goes to his heart.

その人が理解できる言葉で話せば頭に届く。その人の母国語で話せばそれは心に響くのだ。

ネルソン・マンデラ

一生を共にする家族です。アナタの気持ち、心に響かせたいものですね。

◎アドバイス

奥さん、旦那さんの心に響く言葉(母国語)を勉強する。

⑤日本人は金持ちだと思われているという幻想

こういう考えを持っている人は多いようですね。ボクはバブルを経験していないので、日本がイケイケの時を体験していません。

日本に旅行する人や留学する人が増えていますね。それは日本が安いからです。

収入だけで見れば日本は高い方ですが、日本は出費も多いですので貯金が少ない人が多いですね。

例えば中国では、収入が低くても結婚時に家と車をプレゼントしてもらったり、両親が地主や工場持ちでかなりの収入と資産がある人がごろごろいます。

台湾や香港でもブログやYouTubeでかなりの収入がある人も多いです。

もちろん、収入が全てではありませんから自分を卑下する必要はないですが、

日本人は金持ちだからカネ目当てで結婚したいのかなんて見当違いのことを考えていると、いつかは捨てられるでしょう。

またパートナーに対する態度も傲慢になり、結果「さようなら〜」が待っています。

◎アドバイス

身の程を知れ!

★まとめ

①いつも日本と比較する
②相手の国に住んだことがない
③相手の言語がわからない
④英語だけで会話(相手が英語圏じゃない場合)
⑤日本人は金持ちだと思われているという幻想

ひとつでも当てはまった方は、国際結婚を考え直しましょう。

その他おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました