PR
中国語文法レッスン

「つもり」をあらわす“打算~”&形容詞と動詞の完全否定“一点都不〜”【中国語文法】

「つもり」をあらわす“打算~”&形容詞と動詞の完全否定“一点都不〜”【中国語文法】

中国語文法レッスン第29課です。

ここでは以下の内容をご紹介していきます。

①形容詞の完全否定“一点都不好吃”
②動詞の完全否定“一个人也没有”
③計画や考慮をあらわす“打算~”

今回のレッスン内容を身につければ、

「誰もいないじゃん。」
「これ全然おいしくない。」
「週末なにするつもり?」
「このあとの予定は?」

などの日常よくつかう表現ができるようになります。

たくさんの例文も載せてありますので、
文法事項とともに語彙も増やしていきましょう。

このレッスン29からはHSK3級の文法になります。

中国語の文法はHSK3級まででほぼ出尽くしますので、
もうすこしです!

日常会話でも頻出の文法ばかりですので、
なんども見て身につけていきましょう!

ネイティブ音声つき動画は↓↓

以下の目次からジャンプすることもできます↓↓

形容詞の完全否定“一点都不好吃”

日本語でいうところの「ちっとも〜でない」といった感じの完全否定の文は

一点都(也)不 + 形容詞

であらわします。

「すこし、ちょっと」を意味する“一点(儿)”(レッスン12)と
「〜も」を意味する“”(“”もおなじ。レッスン2)をつかいます。

日本語とおなじですね。

这里的冬天一点都不冷。

我男朋友的脾气一点都不好。

“脾气:pí qì”(気性や性格のこと。“脾气不好”は「すぐ怒る、怒りっぽい」という意味。)

这个一点都不好吃,我不喜欢吃。

虽然已经是6月了,但今天一点也不热。

“虽然~但是~”:「〜だけれども〜」(レッスン27参照)

動詞の完全否定“一个人也没有”

動詞もおなじように完全否定することができます。

動詞のばあい、

+ 数詞 + (名詞) + 都(也)不 + 動詞

という形をとります。数詞と名詞が加わるのですね。

分钱都不花。

「1円もつかわなかった」のように極端な表現で「1円」というのを中国語では“一分钱”で表現します。

“一分钱”は0.1元で、日本円で約2円くらいです。

「お金をつかう」の動詞は“花:huā”をつかいます。

我这里的人一个也不认识。

大卫不会中文,一个都不会写。

すでに起きたこと(過去)であれば“不”を“没”に変えればOKです。

+ 数詞 + (名詞) + 都(也)没 + 動詞

これも例文で見てみましょう。

这里个人也没有。

狗狗点水都没喝。

形容詞とおなじように“一点”をつかうこともできます。

我现在很忙,一点时间都没有。

都没去过北京。

我一直没吃东西,个面包都没吃。

“面包:miàn bāo”(パン)

計画や考慮、予定をあらわす“打算~”

計画や予定は“打算:dǎ suàn”であらわします。

「〜つもり」や「〜しようと思っている」と訳されることが多いです。

我今年打算去北京留学。

打算怎么办?

小明打算去当老师了。

“当:dāng”(〜になる)

否定形の“不打算”と“没打算”のちがい

否定は“不”と“没”をつけます。

これらは過去・未来の時制に関係ありません。
(「“不”は未来で“没”は過去」ということではないので注意!)

”は話し手の決心や意志が強い。決断を強調。一方で、“”は中性的で、いまのところその予定・考えはないといったニュアンス。

例として“我打算去参加小明的婚礼。”(ミンちゃんの結婚式に参加するつもり。)を“不”と“没”で否定してみましょう。

打算去参加小明的婚礼。→「参加しない」というかたい決断を強調。すでにいろいろ考えて出した結論で、完全なる否定。

打算去参加小明的婚礼。→ただいまのところ参加するつもりや予定はないというニュアンス。今後考えが変わって参加するという可能性もある。

ニュアンスは若干のちがいがありますが、“不”と“沒”は交換可能です。

今天我不打算喝酒。

没打算换工作吗?

没打算养猫。

“养:yǎng”(飼う)

小王不打算加班,她今天要早点回家。


“没”は過去ではなく「いまのところその動詞があらわすことが存在していない」というニュアンスです。 勘違いしている人が多いようなので注意です!

“打算~”と“有打算~”のちがい

“打算”は「つもり・予定」という名詞としてもつかえます。

そのばあい、「つもりがある」は“有打算”となります。

たとえば、「新しいスマホを買うつもり。」は

我打算买新手机。

ですが、“打算”を名詞としてつかって

打算买新手机。

とすることもできます。

ふたつのニュアンスのちがいはこんな感じです。

我打算买新手机。 →新しいスマホを買うのはほぼ確定で、買う決心がついている。

打算买新手机。→まだ決心がついていなかったり、お金が足りないなど他の要素があったりする可能性も含まれる。

上の“不”と“没”のちがいと似ていますね。

“打算”を動詞でつかえば否定は“不打算”となり、名詞でつかえば否定は“没(有)打算“となるだけです。

こちらも例文でみてみましょう。

有打算出国。

小李有打算移民。

有打算去旅游吗?

有没有打算搬家?

A:你有打算在国外工作吗?
B:我没有这个打算。

例文集

日本語訳せずに中国語で理解しましょう。

意味もだいたいわかればOKです!

妈妈:小明,作文写好了吗?
小明:还没。
妈妈:一张都没写啊?
小明:还没开始呢。
妈妈:啊,一个字都没写啊!
小明:现在就开始。
妈妈:好好写啊。

“张:zhāng”は紙の数詞。
“一张都没写啊?”は「まだ(原稿用紙)1枚も書いてないの?」という意味。

A:你打算买新手机吗?
B:是的,现在的反应太慢了。一点都不好用了。
A:用了几年了?
B:两年多吧。
A:两年多就坏啊?
B:你的呢?还好吗?
A:我已经用了三年,还没坏哦。
B:真的吗?让我看看。

“反应:fǎn yìng”(反応)
“慢:màn”(遅い)
“坏:huài”(壊れている)
“好用:hǎo yòng”(使いやすい)

A:今天不是要开会吗?
B:是的呀。
A:人呢?二楼会议室一个人都不在呢。
B:今天不是在二楼开会啊。在三楼会议室呢。
A:真的吗?我听错了,怎么办?
B:现在快点去。

「どこ?」と聞くときに“人呢?”というばあいも多い。

A:新开的餐厅你去了吗?
B:哪家?
A:是公司对面的面馆。
B:我还没打卡呢,你去了?
A:那你最好不要去,一点都不好吃。
B:那我不想去了。
A:是哦,价格也高,味道不怎么样。

“新开的:xīn kāi de”(新しくできた)
“餐厅:cān tīng”(レストラン。数詞は“家:jiā”)
“面馆:miàn guǎn”(麺を売っているお店)
“味道:wèi dào”(味)
“不怎么样”(大したことない)

A:你们吃完后打算去哪?
B:唱歌去?你不是很喜欢唱歌吗?
A:可以啊。去哪家?上次去的那家KTV已经没有了呀。
B:没有了?为什么?
A:我不知道呀。倒闭了吧。
B:那我找一找。

“唱歌:chàng gē”(歌うこと。「カラオケに行く」は“去唱歌”や“唱歌去”ともいう。)
“倒闭:dǎo bì”(倒産)

A:你打算养狗了?
B:嗯,在想。
A:想养什么品种啊?
B:小小的可爱的那种吧。很小的狗狗不要遛的吧?
A:你说什么呀?狗狗都要遛啊。
B:这样啊。
A:你还是别养了。

“品种:pǐn zhóng”(種類、品種)
“遛:liù”(犬を散歩させること)

A:婷婷,你有打算换工作吗?
B:没想过。怎么了?
A:我们公司在招人呢。你有兴趣的话…
B:真的吗?那我们可以一起上班哎。
A:是的呀。你有兴趣的话我问问待遇什么的?
B:好啊。工资什么的你先问问吧。
A:那我现在发微信问问。

的话

“待遇:dài yù”(待遇)

A:奶奶,你要吃药啊。这些都要吃的。一个都没吃呢。
B:啊,我忘记了。
A:你吃饭了没?
B:还没呢。
A:那先吃东西吧。吃完后再吃药哦。
B:知道了。
A:药不要忘记吃哦。

” “不要

“奶奶:nǎi nai(父方の)おばあちゃん”(母方のおばあちゃんは“外婆:wài pó”という。)

勉強した文法をアウトプットしよう!

もっと会話や例文に触れたい方は以下の教材をどうぞ。
(無料ダウンロードできます。)

【使える中国語を学ぼう!】プロ通訳が初学者のフリしてネイティブとチャットした記録【ピンイン&解説・和訳つき】

PR
PR
ちゃいなサプリ

コメント