中国で新しい法律「食べ残し禁止法案」が可決!大食い動画も罰金の対象に?

ローカル&生活
この記事は約3分で読めます。

こんにちは中国在住の日本人Yuki(@YukiHiroi)です!
今日は中国で今年新しく可決された法律を紹介します。
その名も中华人民共和国反食品浪费法zhōng huá rén mín gòng hé guó fǎn shí pǐn làng fèi fǎ

読んで字のごとくですね。食品浪費、国家の食品安全保障、さらには美徳追求、環境保護、そして経済社会の持続と発展を促進することが目的とされています。

2021年4月29日の第十三回中国人民代表大会において可決され、その日に施行されることになりました。全文の原文はこちら(全32条)

罰則はあるの?対象は?

法律として施行されますので、違反すればもちろん罰則はあります。しかし、最初はその管轄の政府管理部または政府指定部門からの警告があり、それでも改善がみられなかった場合、最終的に罰金が課せられるわけで、いきなり罰金を要求されることなないようです。

まず警告があるため、改善する余地も有るわけです。なので理不尽な罰金などは発生しづらいでしょう。

店側への罰金

违反本法规定,餐饮服务经营者诱导、误导消费者超量点餐造成明显浪费的,由县级以上地方人民政府市场监督管理部门或者县级以上地方人民政府指定的部门责令改正,给予警告;拒不改正的,处一千元以上一万元以下罚款。

 中华人民共和国反食品浪费法第二十八条

これは飲食店経営者への罰則で、消費者にたくさん注文させた場合の罰則です。明らかに食べきれないであろう量を店側が意図的に誘導したと判断された場合で、警告を無視した場合:一千元(約1万7千円)以上一万元(約17万円)以下の罰金が課せられる。

食品生産経営者への罰金

违反本法规定,食品生产经营者在食品生产经营过程中造成严重食品浪费的,由县级以上地方人民政府市场监督管理部门或者县级以上地方人民政府指定的部门责令改正,拒不改正的,处五千元以上五万元以下罚款。

中华人民共和国反食品浪费法第二十八条

食品生産経営者が生産過程において大量の食品浪費をして、警告を無視した場合:五千元(約8万5千円)以上五万元(約85万円)以下の罰金が課せられる。

メディア関連への罰金

违反本法规定,广播电台、电视台、网络音视频服务提供者制作、发布、传播宣扬量大多吃、暴饮暴食等浪费食品的节目或者音视频信息的,由广播电视、网信等部门按照各自职责责令改正,给予警告;拒不改正或者情节严重的,处一万元以上十万元以下罚款,并可以责令暂停相关业务、停业整顿,对直接负责的主管人员和其他直接责任人员依法追究法律责任。

中华人民共和国反食品浪费法第三十条

ラジオ局やテレビ局、その他動画サイトなどにおいて、大食いを広めるようなものや暴飲暴食などの食品浪費を番組やテレビ、ネット、ラジオで放送した場合警告を受けることになる。改善が見られない場合:一万元(約17万円)以上十万元(約170万円)以下の罰金が課せられる。同時に、営業停止命令も下る。

消費者は罰則対象ではない

以上のように、この法律の罰則対象は店側と生産側及びメディアであり、消費者は罰則の対象となっていない。
すべて店側の責任になるため、店主はその分気を使わなくてはならないだろう。

一応店には下のような浪費せず節約して資源を大切にということをうたったポスターが目につくようになった。

このように当サイトでは中国の最新情報から現地情報をお伝えしていきますので、他の記事もよろしくおねがいします!コメントもくださればうれしいです!

最近の注目ニュース:「袁隆平死去」のニュースが現在の中国で話題に!袁隆平とはどんな人物なのでしょうか?

では、最後までありがとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました