恋愛ハック

国際結婚で失敗する人の特徴5選!厳し目の意見ですが、事実です。

・国際結婚にあこがれている。
・好きなひとor恋人が外国人。
・国際結婚したひとの意見を聞きたい。
・国際結婚を考えているけど不安もおおい。

そんなアナタのための記事です!

国際結婚のメリットデメリットは以前紹介しました。
>>国際結婚のメリット10:外国人と結婚して幸せになれる理由は〇〇
>>国際結婚のデメリット10!そして解決法10!やっぱ国際結婚はおすすめ

結論としてボクは国際結婚はおすすめだとおもっています。

そんなボクも妻は中国人です。

そして今回ご紹介したいのは国際結婚でうまくいかないであろうひとの特徴を5つです。

厳し目の意見ですが、これを改善すれば国際結婚も順風満帆になることでしょう!

先日こんなツイートをしました↓↓

https://twitter.com/YukiHiroi

ではひとつひとつ見ていきましょう。

それぞれにアドバイスもつけておきます!

国際結婚で失敗するひとの特徴5選

もういちど見てみましょう。

国際結婚で失敗するひとは以下のとおり。

①いつも日本と比較する
②相手の国に住んだことがない
③相手の言語がわからない
④英語だけで会話(相手が英語圏じゃない場合)
⑤日本人は金持ちだと思われているという幻想

くわしくみてみましょう。

①いつも日本と比較する

「日本では絶対こんなことないよ!」
「日本人はそんなこと言わない」など

「日本では〜」「日本人は〜」が口癖になっている人は要注意!

日本がいちばんで日本が基準だとおもっていますね。

国際結婚で失敗するひとの特徴

日本にいない限り、この基準にあてはまることはかなりすくないです。

そうなるとストレスが溜まって、
さらに気に障る…
相手の習慣が理解できなくなる…
相手を見下すようになる…などなど

悪循環に陥ることになります。

相手の文化が受け入れられなかったり、相手の考えが理解できないと、そのイライラは自ずと相手に伝わってしまい夫婦関係がわるくなってしまいます。
>>中国人女性に聞いた【日本人男性のイメージ】

アドバイス

外国出身の奥様・旦那様の習慣や文化を受け入れましょう。

しかし、表面上の気持ちだけではダメです。「尊敬」が大事!

外国人にとっては日本の文化風習は独特なものであり、時に面倒くさくもあります。

そんなアナタを一生のパートナーとして選んでくれたなんて素敵ではありませんか!

国際結婚で失敗するひとの特徴

②相手の国に住んだことがない

パートナーがどのような環境で育って、なにを食べて、どんな景色を見て育ってきたかを知りたいとおもうのは自然ですよね?

それを実行に移すのです!

すくなくとも、パートナーの国ですくなくとも1ヶ月は住んでみるべきです。

国際結婚で失敗するひとの特徴

相手の国の文化や風習を理解して、皮膚感覚で感じ取れるようになるには「そこに住む」ことです。

たとえば中国は反日のひとが多いとおもう方もいるでしょう。

しかしボクがはじめて中国に行ったときにその考えは吹き飛びました。

そういうボクも妻の実家に行ったとき最初は驚きました。

電車もないような田舎で、中国にはその前に何年も住んでいましたが、それでもカルチャーショックはありました。

冬は暖房をつけることもありませんから部屋の中でもジャンパーを着ています。

この前は妻のお母さんがニワトリを買った養鶏場に行ってきました。

そして野鳥をプレゼントしてもらいましたよ〜↓↓↓↓ 信じられますか?笑

アドバイス

相手の国に行けない場合は、少なくともパートナーの国出身のひとと交流してみるのもいいでしょう。

パートナーのお友だちとお知り合いになったり、その国の料理を食べたり、その国の映画を見たりして理解に努めましょう!

HelloTalkなどのアプリでも外国人とチャットすることができます。

③相手の言語がわからない

国際夫婦の多くは、

日本人男性 & 外国人妻 → 外国人妻が日本語をはなす
日本人女性 & 外国人夫 → 日本人妻が英語をはなす

というパターンが多いようにおもいます。

ずっとどちらかの言語で話していると、どんなに上手でも疲れてしまいますし、表現できないこともあります。

日本人と離婚した中国人のおばちゃんは、
「旦那が中国語できないからケンカもできないし言いたいこと伝わらないし、イライラする。」
と言っていました。

これが原因のそのおばちゃんの知り合いの2組の日中夫婦が離婚したそうです……。

ボクと妻は日本語も中国語も話せますが、生活ではミックスで話しています。
こんな感じ↓↓↓

文化を理解するという点でも相手の言葉を理解するべきでしょう。

あたらしく覚えた言葉を妻につかって、妻も知らぬ間におぼえてた日本語を使ったり、新鮮なものですよ!

中国語の勉強法はこのサイト【ちゃいなサプリ】で!

アドバイス

パートナーさんの国のYouTube動画でもみてみましょう!

④英語だけで会話(相手が英語圏でないばあい)

どちらも第二言語ではなしているということですね。

このパターンも結構多いのではないでしょうか。

 If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head. If you talk to him in his language, that goes to his heart.

そのひとが理解できる言葉で話せば頭にとどく。
その人の母国語で話せばそれは心に響くのだ。

ネルソン・マンデラ
国際結婚で失敗するひとの特徴

一生を共にする家族です。アナタの気持ち、心に響かせたいものですね。

アドバイス

奥さん、旦那さんの心に響く言葉(母国語)を勉強する。

⑤日本人は金持ちだとおもわれているという幻想

ボクはバブルを経験していないので、日本がイケイケのときを体験していません。

バブル時代に青春を過ごしたひとたちはいまだに日本がイケイケだと思われていると錯覚しているひとも多いです。

日本に旅行や留学するひとが増えていますが、それは日本が安いからです。

国際結婚で失敗するひとの特徴

たとえば中国では、収入が低くても結婚時に家と車をプレゼントしてもらったり、両親が地主や工場持ちでかなりの収入と資産があるひとたちがごろごろいます。

台湾や香港でもブログやYouTubeでかなりの収入があるひともすくなくないです。

もちろん、収入がすべてではありませんから自分を卑下する必要はないですが、

日本人は金持ちだからカネ目当てで結婚したいのかなんて見当ちがいなことを考えていると、いつかは捨てられるでしょう。

またパートナーに対する態度も傲慢になり、結果「さようなら〜」が待っています。

アドバイス

身の程を知れ!

まとめ

ちょっぴり厳し目の意見でしたが、これらはボク自身の意見だけでなく、日本人と結婚したひとたちが口を揃えて言うことです。

もういちど見てみましょう。

①いつも日本と比較する
②相手の国に住んだことがない
③相手の言語がわからない
④英語だけで会話(相手が英語圏じゃない場合)
⑤日本人は金持ちだと思われているという幻想

ひとつでも当てはまった方は、国際結婚を考え直しましょう。

中国では離婚率が35%を超えたと報告されています。

それを受けてか、中国当局は離婚のプロセスを複雑にし、離婚しづらくしました。

「冷却期間」という1ヶ月以上の冷静になるための期間も設けました。
はたして効果はあるのでしょうか?くわしくは↓
離婚が難しくなった中国!手続き増加&「冷却期間」ができて離婚率低下。3組の実例も紹介

最後までありがとうございました!
コメントお待ちしております。